鉛筆の芯のようなニオイ、カレー粉のようなスパイシーなニオイ、タンドリーチキンのようなニオイなど様々なニオイの例えがある特有のニオイのワキガ。ワキガは高確率で子供に遺伝します。もし遺伝してしまったらどう対策するのがベストなのでしょうか?

ワキガは高確率で子供に遺伝してしまう

ワキガ子供に遺伝

ワキガって遺伝するの?って知らない人のために、ワキガと遺伝する確率について少し触れていきたいと思います。

ワキガは高確率で遺伝します。

いったいどれくらいの確率でワキガが子供に遺伝してしまうのでしょうか?

  • パパorママどちらかがワキガの場合50%の確率で遺伝する
  • パパ&ママどちらもワキガの場合75%の確率で遺伝する

パパかママどちらかがワキガの場合でも、50%でワキガが遺伝してしまうことから、結構な確率です。ワキガの原因の元である、汗腺(アポクリン腺)の量が遺伝してしまうみたいです。

 

もし、子供にワキガが遺伝してしまった場合、遺伝は避けては通れませんので、遺伝してしまった後が大事になります。どうやって今後対策をしてあげるか?子供の学生生活を助けてあげる必要があります。

ワキガが発症する年齢は何歳ぐらいから?

子供にワキガが遺伝してしまっている場合、何歳ぐらいから発症してくるのでしょうか?男の子と女の子とで、若干発症する年齢は変わってきますが、「小学生になった頃」ぐらいから症状が出てくることが多いです。

小学生は遊び盛りなので、寒い冬でもはしゃぎまくって泥だらけになって帰ってきたり、汗をたくさんかいてへとへとになるまで遊ぶ年代です。

脇に汗をかくと、ワキガのニオイが発生しますので、もしかしたら、「ちょっと〇〇君(ちゃん)臭い…」なんて友達に言われるかもしれません。最悪の場合イジメに発展するケースもあるかもしれません。

遺伝してしまった子供のワキガ対策はどうしていくか考える

遺伝してしまった子供のワキガ対策は、どうしていくか?が子供の楽しい学生生活を過ごすために大事になってきます。

子供のワキガ対策は、いくつかの方法があります。

  • 子供でも安心して使えるデオドラントクリームを使う
  • ちょっと怖い思いをさせてしまうけど、ワキガ手術などの治療を行う

子供のワキガ対策の方法は、上記の二択かなぁって思います。安い市販されている制汗剤を使うのもありといえばありですが、添加物が大量に入っていたりしますので、子供の肌に合わなく、赤みが発生したり、かゆみが発生したりすることもあるので、あまりおすすめはしません。

子供の肌にもあうように作られている、ワキガ専用のデオドラントクリームを使うのがおすすめです。

デオドラントクリームを使う以外にも、ワキガ手術などの治療を行って対策する方法もあります、しかし、子供のワキガ手術は少しリスクが大きいかなって個人的にですが思います。

切らないワキガ治療の、ミラドライなどの治療方法もありますが、やっぱり親からすると、子供に怖い思いをなるべく扠せたくないですよね。。。切開する手術となると、手術跡も残ってしまうこともあります。

また、手術のデメリットは、子供に怖い思いをさせてしまったり、手術跡が残ってしまったりする以外にもたくさんのデメリットがあります。「子供脇臭いSOS」を見てみると、トラウマになる可能性がある、再発する可能性があると言われております。

子供とワキガと遺伝のまとめ

  1. ワキガは高確率で遺伝する
  2. 遺伝してしまったら今後の子供のワキガ対策についてちゃんと考える
  3. 子供の肌でも安心して使えるワキガ用のデオドラントクリームがおすすめ
元ホステスちはる

いつか子供がワキガだと自覚する日がくるはずです。それまでは、ニオイを抑えてあげるのは親の役目なのですよぉ!