香水はうまく使えば最強の武器になるとも言われておりますが、多くの方が使い方(塗る箇所)を間違えていると言われております。特に耳の裏に香水をt受けている人が多いと思いますが、あんまりおすすめしません。なぜ、耳の裏に香水をつけてはNGなのでしょうか?

耳の裏に香水を付けてはいけない理由は?

耳の裏に香水

耳の裏に香水を付けるのがあんまりオススメではない理由は、「相手の鼻との距離が近すぎる」からです。香水が入っている瓶に鼻を近づけるとすんごい強烈な香水の匂いがしますよね?

長時間ニオイを嗅いでいると、気分が悪くなってきます。香水を耳の裏に付けてしまうと、対面して話をしている時など、相手の鼻との距離が近いので、相手はもちろん、自分自身も香水のニオイで気分が悪くなってしまう可能性があるからです。

香水のニオイが強烈だとマイナスになってしまうこともありえる…

香水のニオイが強烈だと、「うわぁ…こいつ香水クセェぇ…」と思われる可能性も出てきます。キャバ嬢とか夜のお仕事の場合は、香水をたっぷり付けて、ニオイ付、リピーターの獲得などの効果がありますが、一般の恋愛だとマイナスになってしまうことも…

  1. ツーンとした強烈な香水のニオイ
  2. ふんわりほのかに香る香水のニオイ

この2つだとどちらのニオイの方が相手に良い印象を与えるでしょうか?ふんわりほのかに香る香水のニオイのほうが印象がいいんです。もちろん、ツーンとした香水のニオイがたまらなく好きって人もいますが、多いのが明らかにふんわり香水の香りがするでしょう。

香水を付けるオススメな箇所は下半身

香水を付けるオススメな部位はいくつかあります。


● 香水を付けるおすすな箇所

  1. 膝裏や膝に付ける
  2. 足首に付ける
  3. 下着にちょこっとだけ付ける

このように下半身に香水を付けるのがオススメです。香水には色々な種類があって、下着に付ける香水も最近では話題になっています。

ベッド専用香水とか下着用フレグランスとか媚薬香水などと言われている香水で、デートや夜仲良しする予定のある前日に下着に香水を予め仕込んでおくといった方法も意外とオススメです。

手首にスプレータイプの香水なら、ワンプッシュして、下から順番にポンポンとあてて使っていくのがおすすめです。NGな例は右の手首に付けて左の手首とこすり合わせること。

耳の裏に付けること、服に付けることはあんまりオススメではありません。オススメじゃない理由は上記でも書いていますが、相手の鼻との距離が近くなってしまうからです。

まとめ

香水は、下半身に付けるのが1番おすすめです。耳の裏に付けてしまっていた、洋服にたっぷり使っていた、髪の毛につけていたなど、間違った香水の付け方をしている方は是非見直してみてくださいね。

元ホステスちはる

いい匂いのする香水は最強の武器になるんだよぉ!でも、いくらいい匂いでも使い方を間違っていたら台無しになってしまうのよさぁ〜!