祇園ホステスの会話術 初対面でも会話をスムーズにするための5つのポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしはホステスという職業柄、
初対面の方と話す機会が多いです。

ホステスだけに限らず
お仕事してると
初対面の方と話す場面って
出てきますよね。

ほんとに業務内容だけの話しで済むなら
楽なんですが、
営業のお仕事の方なんかも
いろいろと策を練っておられるかと存じます(`・ω・´)ゞ

 

お仕事面だけでなく
友人たちと集まった時などにも
初対面の方がおられる状況も
あると思います。

そんな時
会話に困らないように
気をつけたい事を
まとめてみました(σ・∀・)σ

 

祇園ホステスの会話術

  1. 情報収集
  2. 共感し合う
  3. 理解する
  4. 違いを知る
  5. 自分を知る

 

1:情報収集する

一番大事なのはまず
相手の事を知る事です!!

どんな事に興味を持っているかはもちろん、
どのような人柄かも
理解するようにするといいと思います(・ω・)b

わたしは
とりあえず持ち物や、目に付いたものから
尋ねていく事が多いです。

「質問」ってほど堅苦しくなく
「コミュニケーションをとるための問いかけ」ぐらいのノリが
いいでしょう(p。・∀・q)

質問攻めみたいになると
相手も構えてしまいますので
注意しましょう(・ω・)b

2:共感し合う

相手の事が大体わかってきたら
自分の事も話すワケですが、
先ほどの問いかけとは全く関係ない事は
話さないほうがいいです。

得た情報から
絶対に
何かしら共通点があったハズです(・∀・)

ほんの小さい共通点も
聞き逃さないでくださいね。

その事柄を共感し合うと
距離が縮まります(・ω・)b

3:理解する

中には
ほんの小さい共通点すら
ない方もおられます…

そこは素直に質問してみて、
相手を理解しようとしてみましょう(・ω・)b

 

「知らないけど興味がある」という場合だと
楽しめたり
褒めるポイントがあって会話も進みます。

 

逆に
「知らないし興味もない」という場合は
困りますね(^ω^;)

そういう時は
「どういう事をしているか」
「どういう事が楽しいか」
尋ねてみましょう(・ω・)b

 

相手が
自分と全く接点がない場合でも、
理解しようとする姿勢が大切だと
思います。

その姿勢はきっと相手に伝わりますよ(σ・∀・)σ

 

4:違いを知る

例え共通点があったとしても、
初対面だと
価値観まで同じかどうかは
わかりませんよね(´・ω・`)

自分にとって日常的な事が、
相手によっても日常的とは限りません!!

少しズレてる部分を理解すると
距離感もわかると思います(・ω・)b

 

5:自分を知る

どれだけ気を付けてても
マニュアル通りというか…
堅苦しい会話では
相手も苦痛に感じます(´・ω・`)

極端ですが
個人的な意見としては、
自分を知っていて
それが活かされてる方は、
それほど会話について
敏感になる必要はないかと(笑)

 

「癒し系」「明るい」「個性的」など…
自分では理解してなくても
複数の方に同じ事を言われたら、
きっとそうなんです(`・ω・´)ゞ

自分のキャラが活かせたら、
きっと
伝えたい事が
うまく表現できると思います。

気を付けて会話している最中にも
自分らしさのある
オリジナルな一面が出せるといいですね(σ・∀・)σ

 

あとがき

初対面の方との会話では
相手を知ろうとする姿勢が重要です。

尋ねてみて
何もわからなかった場合があったとしても、
その
真剣であったり真面目な姿勢は、
相手にとっては
嬉しい事だと思います(p。・∀・q)

 

それ以上に、
自分を知るのって
もっと重要なのかなぁ…と思ってます。

どんな服が自分に似合うか
知ってる人は
オシャレですよね(・∀・)

それと同じように、
自分のキャラに合った
言葉を纏えるようになりたい
菜々美です( ;∀;)

このエントリーをはてなブックマークに追加Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。
もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Twitterもやっていますので、フォローお願いします。

関連記事

タグ


2011年8月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ホステス関連

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ