メールで好感度がアップする4つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

3分でわかる必要最低限のメールテクニック

先日は
ホステス女性が男性のお客さまに送る
メールテクニックを書きましたが、

今回は
一般男性が一般女性に送ると喜んで頂けそうな
メールについて
書いてみようと思います。

 

「連絡事項のみのツール」と
考えておられる男性は、
とりあえずそのお考えを払拭してください(笑)

 

基本的には
前回と同じですが
より男性向けにしたつもりです(p。・∀・q)

 

気をつけたい

  1. 困らせないようにする
  2. 絵文字、顔文字を使う
  3. 相手に合わせる
  4. 褒める

 

1:困らせないようにする

困らせないようにする

個人的にわたしが困るのは
立て続けに送られてくるメール、
返事を催促するメールです(´・ω・`)

 

こちらがまだお返事してないのに
何度も送られてくると
ちょっと困ります。

 

なので、書く事がまとまってから送りましょう(σ・∀・)σ

 

書き忘れた事は
「追伸」とか「書き忘れ」などとして、
「度々ごめんね」と付け加えましょう。

 

ちなみにわたしが困らないのは
二通までですが、
全っ然短気な訳ではないんですよ!

 

返事の催促も困ります…

 

手が離せず
携帯をチェックできない時もある事を、
頭に入れておいて頂けると嬉しいんですが(^ω^;)

 

返事が遅くなったからといって
責められるのも困りますし、
好かれるどころか嫌われる原因です。

 

2:絵文字、顔文字を使う

絵文字、顔文字を使う

お使いにならない男性も多いですね。

 

「この方は使わへん方なんや」と承知の場合は
なんとも思いませんが、
最初のメールに絵文字や顔文字がないと
「怒ってる?」「適当にされてる?」と
不安に感じてしまいます(´・ω・`)

 

でも
デコメを多用した場合、
「メール慣れしてる」「遊んでる」と
思われる場合もあるので、
注意しましょう(`・ω・´)ゞ

 

友人の間柄の場合
ハートの絵文字も避けたほうがいいです!

 

普段から絵文字、顔文字を使わない男性が
一度でもメールで使ったのなら、
ずっと使い続けてくださいね!

 

3:相手に合わせる

相手に合わせる

女性というのは
ちょっとした報告メールなんぞをしてくる
厄介な生物です(´ρ`)

 

「買い物してるよー」とか
なんて返事していいのか困った男性も
おられるのではないでしょうか…

 

何を食べたか、何を買ったかなどの
日記風メールでも
「いいなー」とか「羨ましい!」と
ちゃんと共感してあげましょう(・ω・)b

 

「今度一緒に行こう」と書いてもいいですが、
相手によっては
困らせる事になる場合もあるので
「行かへん?」と疑問形にするのがベターですね(p。・∀・q)

 

4:褒める

褒める

お世辞かも、と思っても
褒められてイヤな気分になる女性はいません。

 

明らかにお世辞とわかる褒め言葉は
逆に嫌味になるので、
素直に思ったところを褒めるといいと思います(・ω・)b

 

恥ずかしくて面と向かって言えない事を
メールで言っちゃいましょう。

 

あとがき

注意点だけまとめましたが
前回同様
返事を書きやすい、相手を気遣った内容にしましょう(`・ω・´)ゞ

 

それには前もって
相手の女性のリサーチが必要ですね!

 

相手の女性の趣味、嗜好品はもちろんの事
生活リズムも知っておくと
後々便利です。

 

ただ、
執拗なリサーチで
ストーカーもどきにならないよう、
気をつけないといけませんね(^ω^;)

 

リサーチもメールも
さりげないほうがスマートです(σ・∀・)σ

 

補足でめちゃくちゃ個人的な意見ですが、
返信する時に付いてしまう
「Re:」を消して下さるのは
嬉しいです( ;∀;)

 

適当にされてない感じがします。

 

細かい事ですけど、
わたし細かい女なんでしょうか( ;∀;)?

このエントリーをはてなブックマークに追加Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。
もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

Twitterもやっていますので、フォローお願いします。

関連記事

タグ


2011年6月17日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ホステス関連

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ